日本のカジノゲーム

日本のカジノゲームは昔から日本で親しまれてきた伝統的なゲームとモダンなカジノゲームがフュージョンされたものを中心に日本のオンラインカジノは成長してきました。もちろん日本人もブラックジャック、スロット、ルーレットやクラップアなど一般的なカジノゲームもプレイしますが一番好んでプレイするのはシックボー、麻雀、パチンコです。

 

これらの日本のギャンブルゲームはアジアテイストのユニークさを持っています。

 

シックボーはアジアのカジノオンラインカジノ業界で常に人気のトップに立ち続けていて、日本人にとってもこれは例外ではありません。シックボーは3つのサイコロを使用します。このゲームで使用するサイコロは面が6つあります。❝シックボー❞という名前のは翻訳すると❝サイコロボール❞もしくは❝ペアのサイコロ❞いった意味です。他にも❝大小❞もしくは幸運のサイコロを意味する❝タイサイ❞などとも呼ばれます。名前の違いはありますがルールや遊び方は一緒です。

 

online-games-casino image-png

 

このゲームは多く国で長い間プレイされ続けていますが全く複雑ではありません。プレーヤーは三つのサイコロを振りボールもしくはバスケットに転がします。勝敗はサイコロの数字を足した数字で決められます。ベットは大もしくは小で賭けます。❝大❞は足した数字の結果が11から17の場合の事です。❝小❞は結果が4から10の場合です。単純さでこのゲームを見くびらないように。とてもエキサイティングで多くのプレーヤーに愛されています。

 

麻雀も中国に起源をもつゲームで、日本のVIPカジノ中心にアジアテイストなゲームを求めるプレーヤーの間で絶大な人気を誇っているゲームです。プレーヤー2つのルールから好きは方を選びプレイすることが出来ます。その2つのルールとはWMFと日本ルールです。このゲームは通常4人のプレーヤーでプレイしますが現在はオンラインカジノプレーヤーの為のソロ麻雀もあります。ゲームは13枚のタイルでプレイされプレーヤーは3種類のスーツを使います。この13のタイルはウォールと呼ばれます。このゲームは戦略と技術を要するゲームで腕次第で勝率が上がります。

 

パチンコはピンボールマシーンとスロットマシーンを足したようなもので若者を中心に人気のゲームです。この日本のカジノのゲームの目的は当たりの穴に球を入れる事です。プレーヤーは球をはじき当たりのポケットに入ることを願います。プレーヤーはジャックポットを狙います。このゲームはお金の代わりに球を受け取り受け取った玉は景品と交換できます。このゲームは現金の代わりに景品を受け取ることで合法になっています。

 

screenshot-9screenshot-11screenshot-10-1024x591